0120-72-2339[平日:9:00〜19:00/日祝:12:00〜19:00]

Column
車検に関するコラム

2020年2月28日京都や滋賀でベンツなどの車検を受ける場合には

ベンツの車検 京都・滋賀なら

車検の際に利用するサービスや業者の選定方法について

京都や滋賀で車検を受けたい場合には、利用するサービスや業者の選び方にも気を配ることが大事です。同じように車検を受けるにしても、サービス内容や業者によって負担することになるコストに違いが生じてきます。また、サービスや業者を選定するにあたっては、料金だけではなく作業品質やアフターフォローの有無もチェックすべきポイントになります。

中でもデリバリー車検と呼ばれるサービスは、利便性の高いサービスです。こちらは顧客の指定した場所にスタッフが出張して、引き取りや納車を行ってくれるサービスです。したがって、顧客にとっては車両を店舗に持ち込む必要がなく、時間やエネルギーの負担が軽くて済むというメリットがあります。反対に、持ち込みの場合には業者にかかる負担が軽くなります。そのため、持ち込みの場合は割引料金でサービスを提供してくれる業者も存在します。

業者によっては対応している車種に違いがあるので、どのような車種に対応しているのか前もってチェックしておくことをおすすめします。国産車だけではなく、ベンツなどの輸入車やハイブリッドカーも取り扱っているところは、幅広い人が活用することができます。
車検を受けた後も車両を使用し続ける場合には、事後のサポート体制も確認をしておく必要が生じます。業者の中には整備保証制度を採用し、一定の条件を満たす場合には無料の再点検や再整備を行っているところもあります。このようなサービスを利用すれば、チェックしてもらった後の車両に何らかの不具合が発生した場合でも、負担が軽くて済むでしょう。

業者を選ぶにあたってのチェックポイント

これから京都などで車検を受けるに際して、気になりやすいポイントの一つに納車時期の問題があります。特に車を頻繁に使用する場合には、短納期での作業に対応してくれる業者を選ぶことが求められます。
ベンツなどの輸入車は、国産車と比較して車検料金が高額になる傾向にあります。ただし、輸入車の料金も業者によって違いがあるので、業者の選び方に工夫を凝らすことでコストを節約することが可能になります。

業者によっては車検だけでなく車両の修理や鈑金塗装、中古車販売なども手掛けていることがあります。こうした業者を選択すれば、車に関するさまざまな相談に乗ってもらうことができるでしょう。有効期限が近づいているものの、仕事や家事、育児などに忙しくてなかなか時間的余裕がないという場合には、デリバリー車検を利用するのがおすすめの方法です。世の中にはさまざまな種類のデリバリーサービスがありますが、車検もその例外ではありません。デリバリー車検は、ディーラーやガソリンスタンドなどに車両を持ち込む必要はなく、これまでの感覚とは違って気軽に利用することのできるサービスです。

デリバリー車検を利用する場合においても、作業の流れは通常と変わりありません。ただし、出張先のエリアによって料金が異なることもあるので、事前に確認しておくことが大切です。出張料金は、業者によって無料の範囲を設定していることもあれば、距離やエリアごとに料金設定を行っていることもあります。

車検の有効期限などに関するコンテンツ

京都でも乗っている人の多い国産車やベンツなどの外車、ハイブリッドカーの車検は、所定の期限までに受けることが義務付けられています。期限を超過している車両で公道を走行した場合、所定のペナルティを受けることとなるので注意をしなければなりません。したがって、有効期限が迫っているときには、急いでアクションを起こすようにしましょう。うっかりしていて、もしくは時間などの余裕がなくて期限切れになってしまった場合でも、車検を受けることは可能です。

期限切れの車両は公道を走行することができません。このような問題を解決するためには、仮ナンバーを取得する方法があります。仮ナンバーを取得すると、一時的に公道を走行することが可能になります。ただし、仮ナンバーを取得する場合は所定の手続きが必要です。手続きにかかる負担を軽減するためには、業者に手続きを代行してもらうのも一つの方法です。

自動車は便利な乗り物ですが、一つ間違えると人命を脅かすほどのアクシデントを引き起こしてしまうリスクもあります。そのようなリスクをできるだけ回避するために、全てのドライバーには定期的に車検を受けることが義務付けられています。法律で定められた義務であると同時に、主要な目的は車両の安全性を保ち、事故を防止することであることを忘れてはいけません。
また、料金設定は業者によって異なりますが、費用だけに気を取られていると思わぬトラブルに見舞われる可能性もあります。捉え方は業者によって異なり、内容によって料金も変わってくるので、各社の経営方針やサービス内容も確認した上で業者を選定するようにしましょう。