有限会社アーバン京都京都・滋賀の車検ならフリーダイヤル0120-72-2339
ご来店無用の引き取り納車付き車検です!前のページに戻る
トップページへ
車検のご予約
デリバリー車検の特徴
法人様窓口
車検料金表
整備・部品代金
引き取り納車地域
車検の流れ
車検が切れてしまった場合
車検 Q & A・お客様の声
ワンポイントアドバイス

廃車サービス
鈑金塗装・一般修理
名義変更・住所変更

会社概要・お問い合せ
店舗案内

リンク

自動車リサイクル法について
各種カードご利用いただけます

自動車新聞社の月間誌「アフターマーケット」の2007年10月号に、車検市場に挑む≪デリバリー車検≫と題して、弊社のデリバリー車検が写真入りで紹介されました。>>more

アフターマーケット
 
車検切れ 費用 2019年10月31作成

車検の持つ意味と車検の有効期限

自動車を運転するにあたって、車両の点検や整備は必須条件となります。こちらの作業を怠ると、車両が本来有する性能を発揮できなくなるだけではなく、部品の摩耗や劣化、損傷などによってドライバーの意図と異なる動作をし、交通事故を引き起こしてしまうリスクが高まります。車両の点検や整備はドライバー自身ですることも可能ですが、運転者の裁量だけで作業をしていては、交通社会の安全性が保たれないリスクも生じてきます。そのような問題を解決するために、法律で義務付けられているのが車検になります。交通事故を引き起こしてしまうと、自身だけではなく歩行者などの他人を危険な目に合わせてしまう恐れもあるため、車検は必ず受けるようにしましょう。定期的に車検を受け、所定の基準に合格すれば、車両が公道上を走行できる状態にあると公的に証明されたことになります。

車検には有効期限が設けられています。この期限は車検証に記載されているので確認して、所定の期間内に車検を受けましょう。とは言うものの、日々の忙しさに追われ、ついうっかりして車検切れの状態になってしまうということもあり得ます。車検の有効期限が超過すると、その車で公道を走行する資格がなくなります。車検切れの車でも再度車検を受けて所定の基準を満たせば、再び公道の走行資格を得ることが可能になりますが、再度車検を受けるためにどのようにして車を検査場まで移動させるかという問題が生じてきます。また、車検が切れている状態で再車検を受けるのは、通常の場合よりも手続きが煩雑になり、車検費用もかさむ可能性があります。


忘れていて車検の有効期限が切れてしまった場合には

車検切れになった車を公道で走らせるためには、新たに車検を受ける必要性が生じます。その際、車を検査場まで移動させる手段としては、仮ナンバーを取得するために手続きをします。仮ナンバーを取得すると、車検切れの車でも一時的に公道の走行資格が得られます。

仮ナンバーを取得するための手続きは、それぞれの自治体を管轄する役所で手続きができます。ただし、各自治体の役所は営業している日時や場所に制限があるので、仕事などの都合でなかなか手続きができないという方も少なくありません。こちらの問題を解決するには、仮ナンバーの取得手続きを業者に代行してもらうという方法もあります。この方法を実践するためには、当然のことながらある程度の費用がかかりますが、自分で手続きをしなくて済むので時間やエネルギーを節約できます。

また、世の中には仮ナンバーの取得だけではなく、所定の場所まで担当者が出張し、車検に関する全ての業務を代行してくれるサービスも存在します。このサービスでは、自宅や職場といった任意の場所で車両の引き取りや納車をしてもらうことが可能です。したがって、車検を受けるために自分で車を運転する必要もなく、業者に車を引き渡した後はただ待っているだけで全ての手続きが完了することとなります。

車検業務の代行を手掛けるさまざまな業者が存在しますが、会社によって料金体系に違いがあります。したがって、利用する業者を選定するにあたって車検費用を節約したいと考えるのであれば、あらかじめ料金を確認した上で予算と照らし合わせ、適切な判断をする必要があります。


車検業務の代行業者などに関する情報

車検切れの状態で、仮ナンバーの取得や出張による車両引き取りと納車を代行業者へ依頼する場合には、別途料金が発生するので忘れずにチェックしておきましょう。

次に、車検切れの状態で再車検を受けるためにもさまざまな方法がありますが、どのような方法を実践するにしても、多かれ少なかれ車検費用がかかるのは避けられない問題です。ただし、事前にしっかりと情報収集を行い、手続きや作業の方法に工夫を凝らすことで、費用をある程度まで節約することは可能になります。

例えば、インターネット上で予約の手続きをすると、割引料金が適用される場合もあります。実店舗と比較してインターネット上の手続きでは、業者側にかかる設備費や人件費の負担が軽減されますので、リーズナブルな価格のサービスを提供することが可能になります。最近ではネットが普及しており、自社のホームページを通じて予約を受け付けている業者も数多く存在しています。各社のホームページを閲覧して、ネット割引特典の有無を確認してみるのも良いでしょう。

次に、再車検を受けるための費用を計算するにあたっては、税制に関する情報も収集しておく必要があります。例えば、税制の改正によって自動車重量税が変更になると、車両の年式や型式によって車検にかかる費用も変わってきます。また、エコカー減税の対象となっているか否かによっても、車検の費用は異なります。税制関連の情報収集や判断を自分でするのが難しい場合、専門の業者にサポートを依頼するのも一つの方法です。



 
Copyright © 2005 UrbanKyoto.All Rights Reserved.
有限会社アーバン京都|デリバリー車検 京都・滋賀