有限会社アーバン京都京都・滋賀の車検ならフリーダイヤル0120-72-2339
ご来店無用の引き取り納車付き車検です!前のページに戻る
トップページへ
車検のご予約
デリバリー車検の特徴
法人様窓口
車検料金表
整備・部品代金
引き取り納車地域
車検の流れ
車検が切れてしまった場合
車検 Q & A・お客様の声
ワンポイントアドバイス

廃車サービス
鈑金塗装・一般修理
名義変更・住所変更

会社概要・お問い合せ
店舗案内

リンク

自動車リサイクル法について
各種カードご利用いただけます

自動車新聞社の月間誌「アフターマーケット」の2007年10月号に、車検市場に挑む≪デリバリー車検≫と題して、弊社のデリバリー車検が写真入りで紹介されました。>>more

アフターマーケット
 
滋賀 廃車手続き 2019年10月2作成

廃車の手続きは業者に任せた方が手軽

車は工業製品として、いつかは限界を迎えます。これは製品としての限界だけではなく、事故などで使えなくなるケースもあります。廃車になってしまう状態は滋賀でもよくあることです。走らせることができない状態になれば、処分をすることが求められます。車を処分しようと思うとそのままでは費用がかかってしまいますが、中には廃車の手続き代行や買取のサービスを行っている業者も存在します。無料で引き取ってもらえる場合は、処分にかかる費用をカバーできるため、お得な方法になります。実際に行われる廃車の手続きについて考えれば、依頼してしまった方がかかる手間も少なくて済みます。

廃車は分解して処分すれば良いというわけではありません。公道で走れない状態にする手続きが必要です。車本体が走れなくなり解体したとしても、登録は消えていないので、登録抹消の手続きをすることになります。書類を作り手続きをして、初めて廃車を行い処分したということになります。

手続きの方法は一つではなく、複数の方法が存在しており、永久抹消登録、一時抹消登録、解体返納などがあります。廃車の理由によって違いが出てきますが、永久に抹消してしまう方法は、解体してしまって乗れなくなったものなどが対象です。事故などの場合も含まれますが、災害にあって使えなくなった車も二度と乗れなくなったことで永久抹消をすることになります。ただし、この名称は普通車にしか使えません。軽自動車は法律上の扱いが異なるため、解体返納という手続きをとります。名称が異なるだけではなく、手順や手続き自体も異なります。


車を移動するためにかかる引取費用

廃車の手続きで永久抹消登録をする場合は、住所を管轄している運輸支局に行くようにします。滋賀県でも同様です。永久抹消登録の際には申請書を書かなければなりませんが、この書類は無料で受け取ることができます。ダウンロードをして先に入手する方法もあります。ただし、印刷の精度によっては書類として使えないケースも出てくるため、心配な場合には窓口で入手した方が確実です。

車自体は廃車引取費用を支払わなければなりませんが、無料になるケースもあります。引取にかかる費用は業者が採用している方式によって全く異なり、自分で持ち込むことができれば無料というケースもあります。どのように引き取ってもらえるのかは、事前に確認をすることが大切です。買取や引取は無料としているところであれば、レッカー代もかからずに済みます。全く動かない車であっても無料で引き取ってもらえる場合、大きなアドバンテージがあり、かなりの節約につながります。

機材の用意だけではなく人件費も発生すると、思っている以上に高額になる場合も少なくありません。支払い方法もさまざまあって、一括でなければならないことも出てくるため注意が必要です。思ったよりも車の引取費用がかかってしまったという事態を避けるためには、前もって業者のホームページなどから手数料等を確認しておくことが有効な方法です。

廃車にする場合はさらに車を解体しなければならず、その費用はまた別に支払うことになります。解体費用は単純ではなく、どのような車種を解体するのかや大きさによっても違いがあります。使われている部品によっては簡単に処分できない場合も出てくるので、一連の流れは業者に依頼をした方が安心です。


解体するときに必要になる書類

廃車をするときには車を解体していきますが、いろいろなことをやる必要があります。ナンバープレートの管理もその一つで、届け出に必要になるため、自分で管理しなければいけないケースも出てきます。事前に打ち合わせをして、自分と業者のどちらが取り外すのかを決めておくと、間違いが少なくなります。

解体された場合には、本当に作業されたのかを確認できるものが必要になります。永久抹消をするためには、解体報告記録日の報告を受けておくことが必要です。この日をもって解体されたことを証明する使用済み自動車取引証明を作成してもらい、この書類を必ず保管しておくようにします。

解体が終わり次第、陸運支局に手続きに行きますが、車検証やOCR申請書、自動車税の納税申告書といった書類をセットにしておくことが求められます。車検が残っている場合には、還付の申請も必要になるため、マイナンバーや口座番号などが記載された書類も用意が必要です。これだけの手続きをしなければ、廃車にできない仕組みです。買取や無料で引き取ってくれる条件であれば、費用を考えてもかなり節約できます。

乗らない車を保管している場合や盗難に遭って車を発見できない場合に、自動車税を一時的にストップできる一次登録抹消などもありますが、手続きはどれも簡単ではありません。1日で終わらないことも出てきますし、書類の不備で何度も往復しなければいけないケースも出てきます。非常に煩雑な手続きがあるからこそ、滋賀でも業者に依頼するのが一番です。



 
Copyright © 2005 UrbanKyoto.All Rights Reserved.
有限会社アーバン京都|デリバリー車検 京都・滋賀