有限会社アーバン京都京都・滋賀の車検ならフリーダイヤル0120-72-2339
ご来店無用の引き取り納車付き車検です!前のページに戻る
トップページへ
車検のご予約
デリバリー車検の特徴
法人様窓口
車検料金表
整備・部品代金
引き取り納車地域
車検の流れ
車検が切れてしまった場合
車検 Q & A・お客様の声
ワンポイントアドバイス

廃車サービス
鈑金塗装・一般修理
名義変更・住所変更

会社概要・お問い合せ
店舗案内

リンク

自動車リサイクル法について
各種カードご利用いただけます

自動車新聞社の月間誌「アフターマーケット」の2007年10月号に、車検市場に挑む≪デリバリー車検≫と題して、弊社のデリバリー車検が写真入りで紹介されました。>>more

アフターマーケット
 
廃車 引取り 京都 2019年5月20作成

自分で行うとなると面倒な廃車手続き

現在乗っている車を処分したい、ディーラーなどに下取りに出したところ金額がつかなかったという場合は、廃車にしなければなりません。この場合、引取りサービスを利用する、自分で手続きをするなどいくつかの方法が考えられます。自分で手続きをすれば余計な費用がかからないので良いと思っている人もいますが、実際に全部一人で行うとなると、かなり時間がかかるようになります。

まず廃車にするためには陸運局にて抹消手続きを行う必要があります。永久抹消と一時抹消があり、前者の場合は1回出向けば済みますが、一時抹消の場合、解体届を出さなければならないので、2回陸運局に行く必要性が生じます。手続きに関しても煩雑で、時間がかかります。個人差はあるものの、通常でも1、2時間程度は必要と思った方が良いでしょう。ただし年度末の場合、かなり混み合います。そのため、通常の倍は時間がかかる可能性もあります。

加えて自賠責保険の手続きも済ませることが求められます。自賠責保険の抹消登録は永久抹消と一時抹消のどちらでも保険会社へ1回出向くだけで構いません。だいたい30分から1時間ほど手続きに時間がかかるようになっています。

このように、自分で廃車の手続きをするとなると意外と手間がかかります。廃車引取り業者に依頼をすれば、業者の方で事務手続きを代行してくれるので、これらの手間は一切かからないようになります。陸運局は平日しか営業していないので、仕事をしているとなかなか赴けないという方も多いでしょう。そのような場合でも車の処分をするのに重宝するサービスと言えます。

車検切れや不動車でも引取りサービスを利用すれば安心

廃車にしたい車の中には、問題を抱えているものもあるでしょう。例えば交通事故を起こして、ぼろぼろの状態になっている車が挙げられます。その他には水没してしまったり、故障したりして一切動かない車もあります。このような場合、処分をしたいけれども車を運べないので途方に暮れてしまう方もいます。

その他に不動車という理由でそのまま駐車場で長年放置してしまっている人も多く、中には車検切れになっているケースもあります。車検切れの車はたとえ自走できたとしても、公道を走行させることはできません。これは法律にも規定されていることで、少しでも運転をすれば反則金や点数の処分を受けます。免許停止の行政処分を受けてしまう人も出てきます。そうなると、レッカー車などの牽引車を手配して、搬送をしてもらわなければなりません。自分でいろいろと手配をするとなると、手続きが面倒になります。しかし引取りサービスを実施している業者にお願いをすれば、不動車や車検切れの車両でも特別に自分で何か準備をする必要はなくなります。

ただし引取りを業者に依頼する際には、搬送にかかる費用がどうなっているかをあらかじめ確認しておくことが求められます。業者によって対応は異なっていて、費用が別途必要なところもあります。一方でこのような出張引取りの際でも無料でサービスしてくれる業者も見受けられます。できるだけ無駄なコストを負担したくないと思っているのなら、引取り費用が無料のところにお願いするのがおすすめです。

廃車引取りサービスを利用する前に

廃車にしたい、しかし車検切れや故障のため車を自分で走行させられないという場合は、引取りサービスの利用を検討しましょう。利用する前にいくつか確認しておくべきことがあります。まずは引取りの時間帯についてです。時間は基本的に都合の良い時に設定ができますが、業者には営業時間があります。営業時間の中で引取ってもらう時間を見つけましょう。
ただしどうしても業者の営業時間内で都合がつかない、今すぐに引取ってほしいという場合には相談をしてみるのがおすすめです。営業時間外でも希望をすれば柔軟に対応してくれるところもあります。

また引取り可能な地域は業者ごとに異なります。対応エリアの中に自分の住んでいる地域が含まれているかどうかもホームページなどで前もってチェックしておきましょう。ちなみにエリア内であれば、自宅以外の場所でも引取ってもらうことができます。例えば職場で引取ってほしいといった要望にも応えてくれます。中には留守の状態でも対応してくれるような業者もあります。多忙な時期でどうしても時間が取れない場合には、業者にかけあってみましょう。
その他には支払方法についても前もって確認しておきたいポイントです。今すぐに車を処分したいけれども、手元にお金がないというケースも考えられます。そのような場合でもクレジットカードによる決済に対応していれば、すぐに廃車手続きができます。クレジットカードによる支払いに対応している業者も少なからず見られます。無料サービスを実施しているところに依頼する場合、例外がないかどうかも確認しておくべきです。"

 
Copyright © 2005 UrbanKyoto.All Rights Reserved.
有限会社アーバン京都|デリバリー車検 京都・滋賀