有限会社アーバン京都京都・滋賀の車検ならフリーダイヤル0120-72-2339
ご来店無用の引き取り納車付き車検です!前のページに戻る
トップページへ
車検のご予約
デリバリー車検の特徴
法人様窓口
車検料金表
整備・部品代金
引き取り納車地域
車検の流れ
車検が切れてしまった場合
車検 Q & A・お客様の声
ワンポイントアドバイス

廃車サービス
鈑金塗装・一般修理
名義変更・住所変更

会社概要・お問い合せ
店舗案内

リンク

自動車リサイクル法について
各種カードご利用いただけます

自動車新聞社の月間誌「アフターマーケット」の2007年10月号に、車検市場に挑む≪デリバリー車検≫と題して、弊社のデリバリー車検が写真入りで紹介されました。>>more

アフターマーケット
 
車検切れ 罰金 2019年12月26作成

車検を受ける意味と車検切れによる罰金を防ぐ

車を所持している人は、自動車検査登録、通称車検が必須です。これは車が保安基準に適合しているかどうかの検査であり、定期的に検査と確認をすることが車の所有者に義務付けられています。
車は便利な乗り物ですが、間違った乗り方をすれば重大な事故を引き起こします。そのようなことが起こらないように、定期的な検査を受けるようになっているのです。ですからもし車検が切れたら、その車は運転できません。

車検切れのまま公道を走れば道路交通法違反となり、減点された上に免許停止、罰金が徴収されます。 車検が切れてしまった場合、その車を運転することができませんが、どうしても運転せざるを得ないときには、仮ナンバーを得られれば、短い期間ですが公道を走れます。ただし、仮ナンバーで公道が走れるようになっても、自賠責保険が切れていると事故を起こしたときに保険が適用されません。

また、任意保険も切れているようだと、さらに自己負担額が増えていくことになりますから、仮であったとしても保険には必ず加入しておくようにしましょう。
車検の期限には十分に注意をしなければなりませんが、それでも車検切れをした場合には、車検代行業者に頼むという方法があります。
仮ナンバーの取得や車両の引き取り、さらには納車もしてくれるところがあります。こういったサービスを利用すれば車検切れを回避し、罰金の支払いもなくなります。

車検切れになったらどうするか

車検切れになってしまった場合、対処法は2つあります。1つは車検を受けなおすことであり、もう1つは車を手放すことです。通勤などで比較的車に乗っている人にとって、2番目の対処法はあまりいい方法とは言えないので、もう一度車検を受けることになります。このとき罰金を払わないように注意しなければならないのは、仮ナンバーを得ていなければ運転もできなければ別の車にけん引してもらうこともできないという点です。

車の所持者とは別の人が代わりに車検場まで運転していけば問題ないと間違えている人もいますので、気を付けましょう。
仮ナンバーの取得がない場合は、業者などに依頼してキャリアカーで運んでもらうしか方法はありません。そして、ほとんどの場合はキャリアカーの使用の費用がかかります。 
仮ナンバーを得るための手続きは、各自治体の役所でできます。しかし、現実には役所の開いている時間は決まっていますし、仕事があれば行くだけの時間が取れない人もいます。
こんなときには、仮ナンバー取得を代行してくれる業者がいますので、それを利用するという方法があります。こうすればお金を多少余計に支払いますが、自分で手続きする手間を回避できます。 

また、仮ナンバーを得ただけでは車検は完了していませんので、これをディーラーや整備工場などへ持ち込まないといけません。
そこで車検を受けることになるのですが、これらをすべてやってくれる業者も存在します。つまり、車検切れがわかった時点でその業者に連絡をし、車はそのまま持って行ってもらうのです。
そして車検を取得して納車までしてもらえば、一度の連絡ですべてが完了します。このような業者も存在しますので、どの方法が良いかは料金の面も含めて検討するといいでしょう。

安くて良い車検代行業者の選び方

車検切れで罰金などを受けないようにするためには、車検を受けて、受からなければなりません。しかし、その料金は業者によってかなりの違いがあり、どこに頼めば良いのかわからない部分もあります。
また、料金は安ければ安いほど良いわけではありません。安くて質の良い整備をしてくれる業者に頼みたいものです。 料金に違いがあるのは、業者によって作業内容に違いがあるからです。

例えば、下回り洗車や塗装、外部洗車などをしてくれるところもあり、それらの作業も含めて料金設定がされていることがあるのです。確かに車がきれいになるのは嬉しいでしょう。
しかし、車検そのものには関係ない作業であり、これらを省けば料金が安くなるのならそのほうが良いでしょう。

業者によっては、作業を車検に必要最低限だけにして、安い料金を実現しているところもあります。 安くて良い業者を選ぶにはいくつかのチェックポイントがあります。
まずは過剰な整備をせずに、整備が必要なときには相談して金額も提示してくれることが挙げられます。

次に納車時期も大切です。常に車を利用している人にとっては、手早く最短期日でしてくれるかどうかはとても重要になります。
迅速に作業を終わらせられるのは、それだけ熟練のスタッフが在籍していることを意味していますので、その点でも安心して任せられると言えます。 
なお、安い業者の中には、パートやアルバイトの従業員が作業しているというところもあります。それを見分ける方法は、業界内でも実績のある業者を選ぶことです。また、保証サービスをしてくれるところも安心できます。


 
Copyright © 2005 UrbanKyoto.All Rights Reserved.
有限会社アーバン京都|デリバリー車検 京都・滋賀