有限会社アーバン京都京都・滋賀の車検ならフリーダイヤル0120-72-2339
ご来店無用の引き取り納車付き車検です!前のページに戻る
トップページへ
車検のご予約
デリバリー車検の特徴
法人様窓口
車検料金表
整備・部品代金
引き取り納車地域
車検の流れ
車検が切れてしまった場合
車検 Q & A・お客様の声
ワンポイントアドバイス

廃車サービス
鈑金塗装・一般修理
名義変更・住所変更

会社概要・お問い合せ
店舗案内

リンク

自動車リサイクル法について
各種カードご利用いただけます

自動車新聞社の月間誌「アフターマーケット」の2007年10月号に、車検市場に挑む≪デリバリー車検≫と題して、弊社のデリバリー車検が写真入りで紹介されました。>>more

アフターマーケット
 
車検 bmw 京都 2019年7月31作成

高級車として長く人気を保つBMWと故障しやすい箇所

京都でも人気の外車のひとつにBMWがあります。ドイツ車としてよく知られているメーカーであり、多くの愛好家がいます。高級車として知られていますが、車種によっては手が届きやすいものもありますし、中古で楽しんでいる人も多くいます。ただ車検を通すときには、いろいろと注意しなければいけないことがあります。そのひとつがグレードです。

BMWにはいろいろなグレードが存在しますが、5シリーズや7シリーズの場合は使われている部品がかなり高級なものであり、部品代が相応に必要となるためです。保守に必要な内部のパーツもそれぞれのシリーズでかなりの違いがあります。ほかにも注意が必要なものとして、エンジンオイル関係があげられます。BMW全体的に言える部分ですが、年数とともにシール部分の劣化が見られるようになり、僅かずつですが漏れ始めてしまうことがあります。初めのうちはほとんど気がつきませんが、だんだんと駐車していた場所にオイルの跡がついていることに気がつき、車に異変が起きている状況がわかり、発見するに至ります。どこから漏れているのかという問題もありますが、このままでは車検を通すことができません。黙認できるような内容ではないため、徹底的に原因を追究して修理しなければいけないため、かなりの費用がかかります。

冷却水の問題も共通して起こる部分です。ラジエーター本体から漏れだしてしまったり、電動ウォーターポンプに不具合が出てしまったりすることもあります。こうなるとオーバーヒートの可能性が出てきて、車検に通りません。修理しなければいけない状態ですが、費用も高額になるため注意が必要です。

故障しやすかった原因はそれぞれの環境の違い

BMWは、日本の環境との適合性を指摘されることがありました。日本車との故障率の比較も影響していますが、何よりもつくられている環境に違いがあります。日本とドイツは、緯度も周辺の環境も全く違います。高温多湿な日本と、涼しく冬が厳しいドイツでは、車に求められる性能も違いますし、置かれている環境も異なります。その環境に合わせた車づくりをする以上、ドイツの車を日本に持ち込めば、故障の可能性が高まるのは致し方ない部分です。適した環境の違いが故障につながっていましたが、現在では幾分適応してきていて、故障件数も減ってきています。しかし、生産時期が古く長年乗っている車種は注意しなければいけません。

故障しやすい部分があるのは事実ですが、何でも交換すればいいわけではありません。新品の部品に入れ替えれば、当然故障は減ります。その代わりに、どんどんと修理費用が上がってしまいます。京都にある車検専門店の中でも、BMWの修理の経験が豊富なところであれば、適切な部品を適切な時期に交換することが可能です。ほかにも整備が必要になる箇所はいろいろとありますが、無駄な費用を発生させないように努めてくれる業者であれば、重要度の高いところを優先するなどして、車にとっても所有者にとってもより良い方法で対応してくれます。車検という義務だけではなく、車を維持するためにも信頼できるところを見つけることは重要です。2年に1度のタイミングも、重要な場所を整備するチャンスになります。車の状態をきちんと診断して、正しく対応しましょう。

純正品の扱いと汎用性のある国産品の使用

京都でもBMWの車検のカギになるのは、純正部品の取り扱いです。専門店では、部品がいろいろと揃えられていて、すぐに対応できるのがメリットですが、自分で修理しようと思うと大変苦労します。一部のパーツは日本でも手に入るものの、そのほとんどは製造されている国から入手しなければいけません。BMWはドイツ車であるため、ドイツから送ってもらわなければいけないケースが出てきますので、その分だけ費用も時間もかかります。専門店であれば、そうした心配をすることがありません。

部品において、国産のものを使うケースもあります。純正品以外でも使えるものはいろいろとあり、代替えすることで費用を抑えられることもあります。BMWは走行を重視しているため、各部品の耐久性を高めることよりも、新しいものに交換することを前提とした設計をとるメーカーです。そのため、どうしても部品の定期交換が必要となります。純正品が簡単に手に入れば交換で済みますが、日本ではそうスムーズにいかないことも考えられます。バッテリーも交換対象になりやすい部分で、純正のバッテリーを使おうとすれば、当然輸入も必要になります。サイズや容量が合っていることが前提ですが、日本のバッテリーを使用しても問題はないので、この方法をとるだけでもかなり費用が抑えられます。

BMWの車検費用は、ほかの車と比べても高い傾向があります。国産車とは違った条件がいくつも重なり、費用が高騰しやすいです。車検はいろいろなところで行われていますが、費用を削減して確実に修理と点検もしたいのであれば、車検専門店を検討するといいでしょう。

 
Copyright © 2005 UrbanKyoto.All Rights Reserved.
有限会社アーバン京都|デリバリー車検 京都・滋賀