有限会社アーバン京都京都・滋賀の車検ならフリーダイヤル0120-72-2339
ご来店無用の引き取り納車付き車検です!前のページに戻る
トップページへ
車検のご予約
デリバリー車検の特徴
法人様窓口
車検料金表
整備・部品代金
引き取り納車地域
車検の流れ
車検が切れてしまった場合
車検 Q & A・お客様の声
ワンポイントアドバイス

廃車サービス
鈑金塗装・一般修理
名義変更・住所変更

会社概要・お問い合せ
店舗案内

リンク

自動車リサイクル法について
各種カードご利用いただけます

自動車新聞社の月間誌「アフターマーケット」の2007年10月号に、車検市場に挑む≪デリバリー車検≫と題して、弊社のデリバリー車検が写真入りで紹介されました。>>more

アフターマーケット
 
車検代行業者 京都 2019年3月29日作成

車検代行業者を利用するにあたって

自動車を良好なコンディションに保ち、事故の発生を防止するために義務付けられているのが車検です。車検を受けるためには所定の料金が掛かりますが、利用する業者によっても費用が異なります。同じように車検を受けるのであれば、少しでも料金の安い業者を利用したいところです。そのような願いを京都で叶えるためには、各社のホームページなどをチェックして料金を比較してみると良いでしょう。
車検の代行を手掛ける業者の中には、下廻り洗車や下廻り塗装、外部洗車なども行ない、それらの作業も含めて料金を設定しているところもあります。それらの作業は、実施することで車がきれいな状態になるのは確かですが、車検に直接関係のないものです。業者によっては、それらの作業を省略することでリーズナブルな料金設定を実現しているところもあります。

また、システマチックで効率的な工程管理を行なっている業者には、低価格で安全性の高いサービスを期待することができます。そして、負担することとなる費用を節約するためには、期間限定のセールやキャンペーンを活用するのも選択肢の一つとなります。業者の中でも営業年数が節目を迎えたところなどは、キャンペーンを実施しているケースも多いので確認してみることをおすすめします。

利用する業者を選定する際のチェックポイント

京都での車検に掛かる費用は、安いに越したことがありません。車検代行業者の中には、顧客に無断で過剰な整備を行なって高額な部品代を請求するところもあるので注意しなければなりません。その一方で、過剰な整備をせず、整備が必要な場合には見積もり金額の提示と顧客との相談をした上で実施しているところは、信頼性が高くなります。

次に、車検を受ける際には車を業者に預けることになるので、納車の時期にも気を配りましょう。特に、車を頻繁に使用する場合、スピーディーな対応をしてくれる業者を探す必要性が生じます。業者の中でも熟練のスキルを持つスタッフが在籍しているところには、迅速な対応を期待することができます。

また、最近では料金の低価格化を実現するために、アルバイターを採用している車検代行業者も多く見受けられます。そのような業者を利用すると、確かに費用を節約することは可能ですが、作業品質が低いためにトラブルが発生することも少なくありません。そうしたリスクを減らすためには、業界内での豊富な実績を持ち、価値ある称号を与えられている会社を選択するのがおすすめです。そして、整備を受けた直後には問題がなくても、その後に不具合が発生する可能性もあります。そのような場面を想定した上で、業者に整備を依頼する際には保証サービスが提供されるところを選ぶと安心でしょう。

その他に、仕事や家事、学業などが忙しくて時間的な余裕が少ないビジネスパーソンや主婦、学生などにとっては、負担する手間暇を少しでも減らしたいところです。業者の中でもスタッフの出張による引き取り、納車をしてくれるところを選べば、顧客の方から来店する必要がないのでエネルギーや時間の負担が軽くて済みます。また、代車を無料で提供してくれる場合、顧客が自分で別途代車を手配する手間がなく、費用も節約することが可能になります。

料金の安い業者と車検を受ける手続きの流れについて

京都で車検を代行している業者の中でも料金の安いところを選べば、費用を節約することができます。ただし、「安かろう悪かろう」と言われるように、料金が安くても作業品質の低いところを選択すると、後にトラブルが発生することも少なくないので気をつける必要があります。

続いて、車検を受ける場合には、あらかじめ手続きの大まかな流れを理解しておくと、いざという時になってから慌てなくて済むでしょう。まず、車検証を手元に用意した上で業者に連絡を取り、予約の手続きを行ないましょう。こちらのステップでは、車両を引き取る日時や大まかな見積もり金額の提示など、いろいろな説明があるのでしっかりと確認しておくことが大切です。なお、費用の概算金額は、各業者のホームページ上に掲載されている料金表や見積もりシステムでもチェックすることができます。

予約の手続きが完了した後、自宅や職場で車両を引き取ってもらう場合には、所定の日時に指定場所で待機しておきます。その際には、車検証と納税証明書、自賠責保険証が必要となるので事前に準備しておきましょう。
車両の引き取りが終われば、後は業者が点検や分解の作業を行なってくれます。その結果、修理や部品交換が必要な箇所が発見された場合には、顧客に無断で作業に取り掛かるのではなく、事前の相談や確認をしてくれる業者を選びましょう。
その後、車両の整備が実施され、納車と代金支払いのステップへと進みます。自宅や職場で引き取りを受ける場合は、指定の日時や場所で待つことになります。

 
Copyright © 2005 UrbanKyoto.All Rights Reserved.
有限会社アーバン京都|デリバリー車検 京都・滋賀